Windows Live Writerを使えばWordPressの投稿がローカルから楽々!

writing

こんばんは、金田です。
Macユーザーのみなさんごめんなさい、WindowsでWordPressの投稿している方へ朗報です!

Windows Live Writerをご存知でしょうか?
WordPressの管理画面にアクセスすることなく、ローカルで投稿作業ができるソフトです。

WordPressでの投稿作業はサーバーサイドの処理が多く、どうしても遅いですよね。
下書きをクリックしたら、数秒かかるのが意外とストレスだったりします。

Windows Live Writerを使えば、下書きの保存もローカルなのであっという間です。
感覚的にはWordを使ってWordPressに記事を投稿することができるというイメージです。

Windows Live Writer のインストールとセットアップの方法

動画を用意しましたのでよろしければご覧ください。

手順をまとめますと

  1. Windows Essentialsをダウンロードする

    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentialsWindows Essentialsのサイト

  2. Essentialsに含まれるWriterを選択し、インストールする
  3. WordPressのURL、アカウント名、パスワードを入力しセットアップ

とあっという間ですので、チャレンジしてみてください。

Windows Live Writer の使い方

Wordのような画面で直感的に使えると思います。赤枠が使えそうな機能です。
Windows Live Writerの画面
文字のサイズや色を変更するメニューがありますが、古いHTMLコードで書かれてしまうのでおすすめしません。
リボンメニューで使える項目としては

  • 投稿(サイトに公開されます)
  • 下書きをブログに保存(WordPressに下書きとして保存されます。おすすめ)
  • 段落のうち、リスト、順番付リスト、引用
  • HTMLのスタイル
  • ハイパーリンク
  • カテゴリの設定
  • タグの設定
  • 投稿日時の設定

はなんとか使えそうです。
それ以外は、Microsoftらしい汚い最新の規格に準拠していないソースを吐き出してくれます。

テキストベースで編集したものを「下書きをブログに保存」でアップロードして、WordPressで画像などを挿入して公開するのが良いのではないでしょうか?

あるいは、知識のある方はソースのタブで編集するのも一つの方法かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。